ドラクエ11

はずかしいのろいメモ

                                                    • -

話しかけられない(死体相手でも発生)

(最初の文は共通)
○○は 目の前の相手に
話しかけようとした。
しかし……


相手が 自分を見て笑ったような気がした。
自分のカオに 何か ついているのだろうか……。

相手と 目が合ってしまい
不自然に 目をそらしてしまった……。

相手の目を見て 話せない。
どこを見て 話せばいいのだろうか……。

相手を ジッと見つめすぎたせいか
変な人と 思われているような気がする……。

アタマが 真っ白になり
あらかじめ考えていた話題を 忘れてしまった!

勢いあまって おならが出てしまった!

イヤーッ そんな目で 見ないで!

笑顔を 意識してみたら
ひきつった笑みに なってしまった……。

髪型を 笑われたような気がした。
そんなに 変だろうか……。

急に 子供の頃 おねしょをした記憶が
あざやかに よみがえってきた……。

急に 自分が 子供の頃に
サインの練習をしていたことを 思いだした……。

今日は 自慢のサラサラヘアーに
寝ぐせが ついていたことを思いだした……。

緊張して 身体が ふるえる……。
おしっこを もらしてしまいそうだ……。

クツの裏に いつの間にか
ウマのフンがついていた……。

ぐるきゅるるる〜〜〜………
突然 ものすごい音で お腹が鳴った!

声が裏返って
異様に 高い声が出てしまった!

声をかける 最初のひと言が思いつかない……。

子供の頃 エマの前で
落馬したことを 急に思いだした……。

子供の頃 好きだった相手に似ていて
急に トキメキを感じてしまった……。

この方は 今 忙しいかもしれない。
どう 声をかけようか……。

自分のクチが 臭いのではないかと
心配に なってきた……。

しばらく 誰とも 話していなかったので
クチの中がカラカラで 声が出ない……。

しょうもないダジャレを 思いついて
思わず 笑ってしまった。

そういえば 今日は 目がむくんでいて
ひどいカオだったのを 思いだした。

その後 どうやって話をつなげよう?
話題がない つまらない男だと思われたら……。

そんな勇気 ボクにはない……!

食べ物のカスが 自分のクチの端に
ついていることに 気づいてしまった……。

どうしろってんだ……!
話しかける? どうしろってんだ……!

突然 人と話すことに
苦手意識が めばえてしまった!

なぜか 間違えて
お母さんと 呼びそうになってしまった……。

なんだか 自分の身体に
ウマのニオイが しみついているような気がした。

なんて 魅力的な方だろう。
心臓が ドキドキしてくる……。

ナンパだと思われたら どうしよう……。

はうわっ! やっぱりダメ!
話しかけるなんて ムリムリ!

はずかしい呪いにかかって
何も 話せなくなってしまった!

人と話すなんて
ホント ムリなんですケド……!

もし 第一声を しゅみませんと
かんでしまったら どうしよう……。

ルキに ケンカで負けて
泣きそうになったことを 思いだした。

話題もないのに 話しかけて
相手にされなかったら どうしよう……。


(最後の行は全てコレ)
……恥ずかしさのあまり 話しかけられない!

                                                        • -

戦闘中行動不可(れんけいもキャンセルされる)


(最初の文は共通)
○○は はずかしい呪いに かかっている!


「うぷぷぷ……
ヘンな声が もれて

あのコのことが きになって

あしのニオイが 気になって

アタマに とりのフンが おちてきて

穴があったら 入りたくて

いきなり イケメンかもと 思ってしまって

いきなり カオが 真っ赤になって

いきなり げっぷが とまらなくて

イヌのフンを ふんで

エマに ひみつの日記を見られたのを思いだし

おなかの音が なりやまなくて

おもわず カオが にやけて

かけ声が うらがえってしまって

かみを 七三で わけていたのを思いだし

くしゃみが 出そうになって

サラサラヘアが 風で みだれて

自分の こころの中を 見られてる気がして

自分の ファッションセンスに ぜつぼうして

しゃっくりが とまらず

ズボンが まえうしろ はんたいで

チャックが あいていて

ちょっと ちびったような気がして

てきが かわいく思えて

てきに ひとめぼれして

とつぜん 身体中が くすぐったくなって    

とつぜん なみだが あふれだして

寝ぐせが 気になって

はなげが 出ている気がして

はなみずが たれてきて

歯についた ワカメが とれずに

ぱふぱふのことが アタマに うかんで

パンツのゴムが とつぜん ゆるんで

ふいに 自分がどうしようもないヤツに思えて

ふいに 戦っている姿が はずかしく思えて

ふくのサイズを まちがえて

ボーッとした カオを みられて

まわりの しせんが 気になって

みんなに 笑われてる気がして

むかし書いた ポエムのことを 思いだして

ムネが ドキドキして

目ヤニが やばくて

よだれが たれてしまって


(最後の行は全てコレ)
からだが うごかない!